テレビゲームに関してギャップを感じます


テレビゲームに関してジェネレーションギャップを感じます。私は子供の頃はファミリーコンピュータで遊んでいました。グラフィックはあまり綺麗ではありませんでしたが、アイデアやゲームの作り込みで楽しんでいました。絶妙なタイミングで攻撃をしてくる敵キャラをかわして先に進んでいくということが楽しかったです。

タイミングを調節したりして全体のゲームバランスを整えていたような気がします。
しかし最近のゲームは映像はものすごく綺麗になりましたが、ゲームバランスは昔の方が良かったと思います。最近では中古市場にソフトが流れるのを防ぐためにわざと先に進みにくいようにしているように感じるようなゲームが増えてきたように感じます。

遊んでいてすごく楽しいと思えるような作品が減ってしまったと思ったのですが、今の若い人は映像が綺麗なゲームは楽しいと感じているように思います。やはり若い時は映像中心で楽しめるような気がします。私も未成年の時には綺麗なグラフィックのゲームを楽しんでいたような気がします。

でも今は将棋などの方が気楽で楽しいと感じるようになりました。これは感覚が変化をしたということですね。そしてジェネレーションギャップを感じる原因でもありそうです。