若い方とカラオケに行った時


私が最近ジェネレーションギャップを感じたのは、最近の若い方とカラオケに行った時でしょうか。
私は昭和生まれですので、90年代や2000年代の歌謡曲などをよく歌うのですが、20代の前半の方はアニソンや、ボーカロイドの曲、所謂ボカロ曲などを歌う方も多いようです。

それというのも私の若い頃は、インターネットがあまり普及していなかったため、
動画サイトでそういった最新の情報を知ることができず、あまり音楽やその他の文化に対して明るくなかったのですが、最近の若者は、インターネットを自在に使いこなし、前述したボーカロイドなどが主なコンテンツである「ニコニコ動画」や、ツイッターなどを駆使して情報を収集することに非常に長けているように感じます。

スマートフォンの普及もその情報に対する強さに一役買っているように思えます。
私も若い方から刺激を受け、そういったツールを使いこなすことによって、
出来る限りジェネレーションギャップを埋めようと日々努力しています。